本当に効く 育毛剤 女性

本当に効く育毛剤はどれなの?

女性にとっての本当に効く育毛剤を探してみた

「最近のお母さん、髪の毛がお父さんみたいになっちゃってるよ」


小学校の一人娘にある日、言われた言葉。

30代後半で同世代の旦那とは、友達の紹介で知り合ってまもなく結婚。結婚前も、子供が産まれてからも変わらずに優しく、子どもの世話も積極的にしてくれる旦那。

周りのママ友に会えば旦那さんの愚痴ばかり。それに比べれば恵まれている私。

そんな旦那の唯一と言っていい欠点が、「ハゲ」であること。でもそこは目をつぶってその話題に我が家では触れないようにしている毎日。

そこに冒頭の娘の発言。初めて我が子ながら殺意が芽生えた瞬間。(笑)

自分でも最近は「もしかしたら、私の頭ヤバいかも・・・」という気はしてましたけど、娘の発言の後は流石に落ち込みましたよ。。

でも落ち込んだままでは何も変わりませんし、現実と向き合うことに。そこから薄毛を治すにはどうしたら良いのか?のリサーチを真剣に始めたんです。

だって夫婦でハゲでは娘が余りにも不憫だし、私自身も見た目が老け込むのはまだ早過ぎると思っているので。

ただ、ぶっちゃけ探していた答えに辿り着くまでは、想像していたよりも困難な道のりでした。

本当に効く育毛剤はどれかを探し当てるまでのプロセスを解説

正直、薄毛を治すには育毛剤だけが唯一の手段でもありません。

でもリサーチの段階で私の中で思い浮かんだウィッグとか他の方法では根本的に薄毛の解決にならないということで却下。あとは私が抱える金銭的な問題。

最近、子供の世話も随分と楽になったこともあり、少しですがパートとして働き始めました。というのも旦那の稼ぎがお世辞にも良いとはいえないのが理由なんですけど。そこで少しでも家計の足しになればと始めたパート。

そういった背景もあり、薄毛を治すことに大金を使うこともできず...。できるだけお金をかけない方法を見つけなくてはいけませんでした。

本来なら病院やの女性皮膚科外来やクリニックで血液検査を受けるのがベスト。知り合いが受診をしたところ、数万円の料金がかかったそうで。さらに内服薬と外用薬を処方され、さらに料金増。

そうなると料金が割高な病院やクリニックという選択肢は私には無理な方法だったのです。

ただ知り合いの話からも参考というかヒントになるものがいくつかありました。それが、まず診断でどういった症状なのか?が分かること。

知り合いの薄毛の症状は私と違って、旦那のハゲと同じ局所的なんです。なんでもFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれるもの。逆に私の場合は、頭頂部を中心に全体的に髪が薄くなってボリュームが少なくなっていく「びまん性脱毛症」。

症状が違えば対処方法も異なるらしく、しかも幸いなことに「びまん性脱毛症」は改善が見込めやすいとのこと。かなり希望が見えてきたのを今でも覚えています。

医者が処方する本当に効く育毛剤の共通点

知り合いの話とネットでリサーチした結果、おもわぬ共通点を発見。

それは医者やクリニックで処方されるほとんどの場合は、

内服薬として「パントガール」
外用薬としてミノキシジル配合の「リアップリジェンヌ」or「女性用ロゲイン」

つまり、これが私が探していた本当に効く育毛剤の答えなの?という気がしてきました。

でも、パントガールってお高いんですよね~。医者やクリニックで処方してもらうと約1万円。個人輸入代理店で買えば、6千円くらいかな。価格的にもそうですけど、もう1つ個人的に積極的になれないのが、内服薬ということ。

ふだん風邪をひいたり、頭痛で悩まされても極力お薬は健康のために摂取しないと決めています。副作用に心配もありますし、それは子供の健康を考えるときと同じ。なので毎日子供の前で薬を飲んでいるところを見せたくないという思いもあります。

そういった理由で今回は飲む育毛剤と呼ばれる内服薬を選択肢から外しました。

ミノキシジル配合の外用薬が効くのは

となるとミノキシジル配合の外用薬が私の薄毛に本当に効くのかを調べていくことになりました。確かに医薬品の育毛剤は発毛成分を厚生省が認可したもの。つまり「本当に効く育毛剤」というお墨付きのハズ。この時点でかなり期待感がいやでも高まりました。

さらにリアップリジェンヌは1本5千円もしないで買えます。女性用ロゲインの方は海外からの輸入で購入本数も1本という制限があるらしく、ちょっと面倒。

そこでリアップリジェンヌをさらに調べると判明したことが1つ。まあ医薬品ということで副作用はある程度の予想はつきましたが、それよりもリアップリジェンヌの対象となるのは、私の薄毛の症状である「びまん性脱毛症」ではなく、「壮年性脱毛症」。

え?それじゃあ使用しても意味なくない?

一応、勘違いとかじゃないのか念のためにある育毛剤メーカーに問い合わせたところ、以下のような返答が。


壮年期性脱毛症は男性型の脱毛症状で、びまん性脱毛症は女性型の脱毛症状になります。
症状の違いとしては、男性型の脱毛症状は、髪の生え際と頭頂部から髪が抜けてしまうのが特徴です。一方女性型の脱毛症状は、頭頂部からじわじわと薄くなり、地肌が透けて見えてしまうのが特徴です。


さらに追い打ちをかけたのが、リアップリジェンヌ公式ページで使用上の注意。

妊婦又は妊娠していると思われる人、並びに授乳中の人。
(妊娠中の使用については、安全性が十分確認されていません。また、ミノキシジルは母乳中に移行します。)


実は私たち夫婦はもう一人子供を授かることを諦めていないのです。できれば娘に妹か弟をプレゼントしたいと考えていました。

こうなると本当に効く育毛剤探しをもう一度考え直さなくてはいけなくなったのです。

医薬部外品の育毛剤ってどうなの?

医薬品の育毛剤のように発毛の効果は認められないけど、厚生労働省に認められている効能・効果は、

育毛、薄毛の予防、フケ、かゆみ、病後・産後の脱毛、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、養毛


副作用の心配がなく、妊娠中や授乳中でも使用に問題ないという点。さらに女性用の育毛剤の多くは、「びまん性脱毛症」を対象としているという点。

この2点が決め手となり、医薬部外品の育毛剤選びのリサーチを始めました。ただネットで見かける評判や口コミなどは正直ステマぽいのが多く、実際に購入して確かめなくてはいけなくなりました。。

気になったもの、価格、成分、返金保障、お試しセットなどを基準として数十点の育毛剤を経験して良かったものを紹介したいと思います。

評価1位:マイナチュレ

マイナチュレ

1位の「マイナチュレ」は、リピート買い96.5%という使い続ける人が多い育毛剤。

私が試してみようと思ったのは、やっぱり返金保障制度があったのが決め手かな。で、購入を決めた人が絶対忘れてはいけないのが、保管しておくもの。

育毛剤は10人試したら必ず10人に合うということはないです。マイナチュレでも合わない人が必ずいると思うけど、その時に返金してもらえなかったという人の失敗例が、「空箱と買い上げ明細書を保管してなかった」というもの。

商品の容器は保管していたけど、空箱と明細書がなかったから返金してもらえなかったという口コミを多く見受けました。私はそれで万一合わなかったときのために、マイナチュレから送られてきたものは全部保管しておきました。結局は返金保障制度を利用しなくて済んだから無用の心配だったけど...。

価格が1度購入を検討していたリアップリジェンヌと同じくらいだというコト。また商品説明を読んでいたら何だか優しい成分という印象を受けたコト。これなら私でも無理なく続けられるかなと思えたのが購入を後押ししてくれました。

詳しくはホームページで確認してくださいね。

>>>マイナチュレについて詳しく見る


評価2位:ミューノアージュ

ミューノアージュ

2位の「ミューノアージュ」は、返金保障はありません。その代わりに2週間のお試しセットでどういったものかを実感することができます。

試そうかなと思えたきっかけは、女性の皮膚科医さんが開発に関わっていると知ったから。また育毛剤を2種類に分けているのがもしかしたら薄毛に役立つかも?という直感。

残念な部分は、定期コースで続けるとなるとマイナチュレと比べると少し金額が高いところ。ここがちょっと頂けない部分なので2位に。これくらいの価格なら気に入れば問題ないという人は、こちらでも良いと思います。

>>>ミューノアージュについて詳しく見る

評価3位:薬用ハリモア

薬用ハリモア

>>>薬用ハリモアについて詳しく見る